HOME>アーカイブ>独学でもスクールでも学習できるのがメリット

試験対策が選び放題

計算

受験するための資格がないため、誰でもチャレンジできるのが公認会計士試験の大きすぎるメリットです。資格を取得すれば人生において優遇されるのに、条件なしなので、多くの方が毎年受験をしています。その結果、公認会計士試験のための勉強方法は、数多く登場しているので、選び放題な状況といえるでしょう。本屋で参考書が売られていますし、通信講座では公認会計士用のコースが設立されています。そして、講師から教えてもらえる予備校も用意されているので、自分の環境に合わせて選べる状態なのは間違いありません。難易度が低い試験ではありませんが、サポートは数多く用意されているため、活用して合格を目指しましょう。

安さを求めるのなら書籍を使おう

電卓

とにかく安く独学をしたいと考えるのなら、本屋に売られている参考書を手に取るのがよいでしょう。2000円から3000円程度で、評判のよい参考書を購入できるので、気軽に勉強を始めることができます。ただし、試験科目はいろいろあるため、一冊だけですべての勉強ができるとは考えないようにしましょう。それぞれの科目の参考書を調べ、その中でも評判のよいもの選んで勉強すれば、独学でも公認会計士試験をパスできるはずです。

広告募集中